ワンピースネタバレ予想大航海!

ワンピースの最新ネタバレ・予想考察・伏線・感想・展開について書いてます

*

悪魔の実とは

ワンピースに重要な要素として、

登場している「悪魔の実」!

本作でもその謎は今だ改名されていません。

 

悪魔の実は別名「海の悪魔の化身」と言われ、

一口食べると体に特殊な能力が備わる変わりに、

海に嫌われ一生カナヅチになってしまうという欠点があります。

 

海賊を目指す者としてはかなりの痛手です。

 

しかしこの「悪魔の実」ワンピースの

重要な要素となっています。

ではこの悪魔の実とはいったいなんなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

悪魔の実について

 

悪魔の実の味

味は非常に不味く、

原作ではルフィが「ゴムゴムの実」を食べる

所が描かれていましたが、

表情はかなり不味そうでした。

 

非常に効果で「悪魔の実」の種類にもよりますが、

1億ベリーは下らないと言われています。

 

 

悪魔の実を食べた者は能力者

またワンピース内では、

「悪魔の実」を食べた者は、

別名「能力者」といわれ、

その特殊な能力が備わります。

 

対抗手段としては、

それぞれの能力に弱点(砂は水、雷はゴム)で対抗する、

または「武装色の覇気」が唯一の対抗手段となります。

 

つまり一般人ではな手も足も出ないという事ですね!

 

 

悪魔の実の弱点

これは食べた物は海に生涯嫌われ、

カナヅチとして生きて行かねばならい。

 

体の一部でも海(海楼石や水がたまった場所)に触れるだけで、

力が抜けてしまう。

 

悪魔の実を食べた物は2つ悪魔の実を口にする事は出来ず、

もし口にした場合は、

体は跡形も無く消し飛んでしまう。

 

しかし例外があり黒ひげはその異形より、

「ヤミヤミの実」の他「グラグラの実」も食べ

2つの能力を持っている。

 

スポンサーリンク

 

悪魔の実の種類

「悪魔の実」は主に3種類に分類される。

「超人(パラミシア)系」

「動物(ゾオン)系」

「自然(ロギア)系」

この3つに必ず分類される。

 

 

超人(パラミシア)系とは

主人公のルフィが食べたゴムゴムの実も

この系統に分類されます。

人智を超越した強大な能力が身に付きます。

能力者の体質そのものが劇的に進化するものが多い!

 

 

動物(ゾオン)系とは

野生の力を借りて身体能力が上昇する。

食べると動物の力を獲得する実。

能力者は3段階に変形が可能!

各形状に応じて身体能力も変化する。

 

 

自然(ロギア)系

体を自然物と化して物理攻撃を無効化する。

3種類の中で最高と言われている。

能力者の体が炎や光といった自然物に変化する。

実体を持たずに物理的な攻撃が効かない。

移動も自由自在で攻撃範囲も広範囲!

 

 

その他・人造悪魔の実とは

通常「悪魔の実」は、

自然物の物だが、

Dr.ベガパンクが

人造悪魔の実の制作に携わり、

失敗した。

ドンキホーテ・ドフラミンゴの手により、

動物(ゾオン)系人造悪魔の実

「SMILE」として復活した。

通常の悪魔の実とは違ったリスクがあるようです。

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2016/02/10